姿勢を良くするだけで解決できる体の不調とは

姿勢をよくするだけで解決できる体の悩みもある

姿勢を良くするメリット

 

 

人の姿勢というのは、その人の品格や人格までも表しているのではないかと思えるほど、初対面の人に与える印象は大きなものがあります。
また姿勢というものは、健康にも非常に密接に関係しているものなのです。

 

今回は、この「良い姿勢」について述べてみたいと思います。

 

 

良い姿勢って?

良い姿勢といっても何について良いのか、いろいろな種類のものがあります。
(モデルの仕事向き、事務職のパソコン操作向き、屋外作業向きなど)
今回「良い姿勢」と言っているのは、「健康にとって良い」という意味から述べています。
それでは、この良い姿勢とは、次のような条件になります。

 

 ・疲れにくいこと
 ・身体に負担がないこと
 ・動きやすいこと

 

姿勢がいいとやっぱり疲れなくなりますし、体に無駄な負荷がかからないので肩こりの解消にもつながったりします。

 

 

姿勢と健康

姿勢と健康とは密接な関係があります。姿勢が良くなることにより下記のような改善が期待できます。

 

・冷え性の改善
 これは、循環器系の働きが良くなり、血流の流れが良くなることで冷え性やムクミの改善がなされ 
 ます。

 

・呼吸が整う
 これは、呼吸器系の働きが良くなることにより、しっかりと呼吸ができるようになり、全身に酸素が
 行き渡ります。
 特に猫背の方は、胸郭(肺が入っている肋骨の内側の空間)の形がゆがんでいますので、呼吸
 器系への悪影響がでやすくなっています。

 

・首や肩のコリの解消
 頭は首で支えられているのですが、猫背の方の場合、頭は首より前方に位置するようになります
 ので、首や肩の筋肉により頭を支えることになります。この為、首や肩の筋肉に負担がかかり疲労
 してしまいます。この筋疲労が「コリ」となります。

 

・精神面の安定
 姿勢が悪いと常に下を向いていたりしますので、気分的にも落ち込んだ気分になりがちです。
 それがさらにネガティブな思考へと悪循環に陥りやすくなります。
 しかし、良い姿勢をとることにより、脳にあるセロトニン※の分泌を促進するというデータもあります 
 ので、精神面の安定を得られることになります。

 

※セロトニン:三大神経伝達物質の内の一つで、人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定
  や安らぎにも関与する。セロトニンが不足するとうつ病や不眠症になどの精神疾患になりやすい
  とされています。

 

 

良い姿勢にするためには

良い姿勢というと、ほとんどの方が「背筋を伸ばした姿勢」と思われておられるのではないでしょうか?
良い姿勢の条件は、次のようなものです。
 ・疲れにくいこと。
 ・身体に負担がないこと。
 ・動きやすいこと。 

 

ひざ立ち
 ひざ立ちしている時は、筋肉をほとんど使っていませんので、誰でも姿勢が良くなっています。
 このときの身体の感覚を良く覚えておくようにして下さい。

 

タイマーを使う
 良い姿勢を保とうとしてみても、ずっと意識しているのは難しいものです。例えばタイマーで15分
 毎に意識して自分の姿勢をチェックしてみましょう。だんだんと意識しなくても姿勢を保てるよう
 になるはずです。

 

悪い癖を直す
 悪い姿勢というのは、長年にわたる日常生活の癖が影響していますので、意識して悪い癖を直す
 ようにしましょう。

 

寝具を見直す
 マットレスが柔らか過ぎると、背骨が必要以上に曲がってしまいます。また枕の高さや硬さも重要
 ですので、自分に合ったもの寝具を探してみましょう。

 

姿勢矯正エクササイズを実行する
 これは長期間、正確に行なわないとなかなか効果は期待できませんが、是非取り組んでいただけ
 ればと思います。

 

 

正しい姿勢を意識して、心も身体も健康に!

健康に良い姿勢を保つことで、身体への健康に効果が期待できます。さらに精神の健康にも良い効果をもたらしてくれます。

 

是非 歩いている時も、座って仕事をしている時にも、良い姿勢を常に保てるよう意識しながら身体を動かしていただければ幸いです。

 

TOPへ戻る

関連ページ

体調や気分がすぐれないのは姿勢のせいだった!?
姿勢が悪いだけで体には様々なデメリットがあります。 体や心にも悪影響があります。
だから具合が悪くなる?姿勢が悪いとこんなにデメリットがある
姿勢が悪いとデメリットばかりです。 肩こりや頭痛、お腹のぽっこりの原因になったりします。 デメリットをまとめました。