食事と生活習慣

お腹の引き締めに効果的な食事メニュー例3つと生活習慣

引き締めにおすすめの食事

 

 

お腹を引き締めるには運動以外にも気を配る必要があります。
ここではお腹を引き締めるのに効果的な食事メニューと生活習慣についてまとめてみました。

 

 

お腹の引き締めに効果的な食事メニューと生活習慣とは

 

お腹を引き締める時、食事や生活習慣にも気を配りたいものです。

 

そんな時、効果的な食事メニューや生活習慣とはどのようなものなのでしょうか?

 

ここではお腹の引き締めに効果的な食事のメニューや食事習慣についてまとめてみました。

 

 

 

お腹の引き締めに効果的な食事メニュー

まず朝食を食べた方がいいのかで迷う人もいるでしょう。

 

朝食は思っている以上に重要なので食べるようにしてください。
というのも、朝食は体内時計を正常化するのに効果があるからです。

 

体内時計は必要な時に体温を上げ、脳や内臓の働きを活発にしてくれるという役割があります。
この役割があるので、体内時計の正常化はダイエットと深く関係しています。

 

体内時計が正常に働けば食べたものを使い切る働きのある代謝も正常に行われることが多いんです。

 

また、朝食を食べないと次の食事を食べ過ぎたり、次の食事の時に急に血糖値を上昇させたりします。
これらが肥満を引き起き起こしてしまうこともあります。

 

健康的なダイエットを成功させるためにも、朝食はとても重要なのです。

 

これから紹介するものは、いずれも普通のスーパーで購入できるものです。
特別な食材はいらないので、ぜび参考にしてみてくださいね。

 

ではお腹の引き締めに適していて、太りにくい体質を作るための朝食の一例を見ていきましょう。

 

《シリアル》
シリアルと牛乳だけでも何も食べないよりは遥かにいいです。
フルーツをトッピングしてシリアルと共にビタミンや食物繊維を、乳製品でタンパク質を摂ることができます。

 

ただし、この場合野菜を摂れていないので他の食事で野菜を摂るようにしてください。

 

《パン》
野菜とツナを使ったトーストを作ってみましょう。

 

玉ねぎ、キノコ、トマト、パセリなどを小さくカットし、ツナ缶をオイルごと混ぜます。
パンにそれらを乗せてからチーズをかけ、トースターなどで5分くらい焼きます。

 

この一品だけで野菜もタンパク質も穀類も摂れるのでオススメです。
炭水化物が気になるのであれば雑穀入りやライ麦入りのパンに変えてみるのもいいでしょう。

 

《ご飯》
スープと一緒に煮たリゾットにしてみましょう。

 

少し濃い顆粒コンソメを溶いた中に、刻んだ野菜やベーコンなどを入れて5分くらい煮込みます。
次にトマトジュースとご飯を入れて更に軽く煮立てます。
仕上がりに温泉卵を添えたり、生野菜をトッピングしたりしても美味しいです。

 

食べる時によく噛むと満足感と消化の面からダイエットに有効です。

 

 

体内時計を整えるために必要な良質タンパク質を摂ることが重要です。
なので朝食でもタンパク質を取り入れています。
また、朝食では昼や夜の食事で不足しがちなものを補給するようにしましょう。

 

 

 

お腹の引き締めに効果的な生活習慣

日常生活の中でも、お腹の引き締めに効果的なものがあります。
では次にお腹の引き締めに効果が期待できる生活習慣について見ていきましょう。

 

《姿勢を正しくする》
お腹が出てしまっている原因の1つに、姿勢の悪さがあります。

 

特に座っている時に背筋を伸ばさないで、猫背になって腰も丸まっている姿勢をとっていませんか?
その姿勢は骨盤や筋肉が歪み、お腹がたるんだり脂肪が付きやすくなります。

 

そこで背筋を伸ばして座る習慣を身に着けましょう。
腹筋に力を入れ、背骨が曲がらないように意識して座るようにしてください。

 

慣れると自然に姿勢を維持するための筋肉が付くのでお腹が引き締まります。

 

《食物繊維を摂る》
お腹の引き締めを目指す人の中には、同時に食事制限を行っている人もいるでしょう。
でも食事制限をしすぎると、食べたものの量が少なすぎて便秘になる場合があります。

 

便が長時間体内に留まることにより、お腹が引き締まらないことがあるのです。
この便を増やすためには食物繊維を積極的に摂る必要があります。

 

食物繊維にはカロリーがありませんので積極的に摂っていきましょう。

 

他にも、

 

・発酵食品を食べる
・食事の時間やトイレに座る時間を規則正しくする
・水分を多めに摂る

 

なども取り入れるといいでしょう。

 

 

 

まとめ

ダイエット中は控えがちな朝食ですが、ダイエット中だからこそ食べた方がいいです。
体内時計の正常化や代謝を上げるためにも朝食は重要なのです。

 

タンパク質をはじめとした栄養素をしっかりと摂るようにしましょう。

 

生活習慣は便秘解消が期待できる食物繊維や発酵食品を積極的に取り入れるようにします。

 

また姿勢など、何気ないことがぽっこりお腹に影響していることもあります。
正しい姿勢や食事・トイレの時間などを規則正しくするだけでもお腹の引き締めに効果が期待できますよ。

 

最初は大変かもしれませんが慣れれば自然とできるようになるはずですよ。

 

TOPへ戻る

 

関連ページ

ダイエットを失敗に導く食事メニュー
ダイエット中は食事の内容にも気を配りたいものです。 ここではダイエットに失敗しやすい食事メニューや太らないように注意すべきポイントについてまとめてみました。
少し食べただけでお腹が膨らむのはあなただけじゃない
おなかのぽっこりが気になる人は多いですが、食べる量が同じでもぽっこり具合は人によって違いますよね。 どうして違うのでしょうか? その原因をまとめました。
ダイエットのための食事で重視すべきポイント
ダイエットの時は食事に気を付けたほうがいいですが、どういったポイントに注意すればいいのでしょう? ダイエットの際の栄養の取り方、食材の選び方についてお伝えします。