少し食べただけでお腹が膨らむのはあなただけじゃない

少し食べただけでお腹が膨らむのはあなただけじゃない

お腹が出る

 

 

お腹いっぱいご飯を食べるとお腹が膨らむのは自然なことです。
ですが、食べる量が同じでもお腹の出方は人それぞれ違っているものです。

 

たくさん食べてもそんなにお腹が膨らまない人もいれば、ちょっと食べただけでもお腹が出てしまう人もいますね。

 

お腹のぽっこりに気を使っている人にはショックな出来事でしょう。
そんなに量を食べていないのにすぐにぽっこりしてしまっては、1回の食事だけですべての努力が台無しになってしまいますね。

 

お腹がすぐにぽっこりしてしまう方にとってはそのくらいのインパクトがあることと思いますが、どうしてお腹の出方に差が出るのか、そのことについて書いていきます。

 

 

 

少し食べただけでお腹が出てしまうのは?

少し食べただけでお腹の出方が違うのは、人それぞれの体質や腹筋などの筋肉量もあるので単純な比較はありません。
その他にもお腹が出やすい原因があります。

 

その原因をまとめると

 

  • 腹筋が弱い
  • 便あるいはガスが腸内にたまっている
  • 胃下垂である

 

この3つが考えられるかと思います。

 

もちろん他にも原因はあるかもしれませんが、あまり医学的な部分には言及しませんので一般的な原因について解説していきますね。

 

 

腹筋を鍛えたらいいのでは?

腹筋が弱いのはお腹ぽっこりのほとんどの原因に関係してくることかと思います。
腹筋が強い人はやっぱりお腹出にくいですので、へこませたい方は腹筋を鍛えると良いかと思います。

 

 

便あるいはガスが溜まっている

何かを食べれば空気を飲みこみますので、誰でもガスが貯まります。
普通なら自然と排出されるものですが、そうならずに溜まりすぎてしまうこともあります。

 

その理由は

 

  • 空気の飲みこみすぎ
  • オナラの我慢
  • 食生活

 

などが挙げられます。
私たちは何かを食べる時に自然と空気も飲みこんでいるのです。

 

 

早食いは飲みこむ空気の量も多くなる

特に早食いの人は空気も多く飲みこむ傾向にあります。
対策としてはよく噛んで食べるようにすることで、飲みこむ空気の量を少なくすることができますよ。

 

オナラは我慢するほどでにくくなる

人と合っている時はオナラはできないですよね。
ですが我慢し続けると腸内に貯まったガスが腸の働きを弱めてしまうために、その後もガスが排出されにくくなってしまいます。
トイレに行くなどできるだけ出すようにしましょう。

 

ガスを溜めやすくする食生活とは

脂っこい食事など、悪玉菌を活性化する食生活はガスの発生を助長するようです。
お菓子なども含め、高たんぱく、高脂肪な食事は悪玉菌も大好きですし、このような食生活を送っていると悪玉菌も繁殖しやすいです。
悪玉菌は有害物質やガスを作り、腸の働きも弱めてしまうようですので、野菜を多くしたり、ヨーグルトなど腸内細菌に良い食べ物を摂ることで改善することができますよ。

 

 

胃下垂になっている

食生活や生活習慣が原因で胃の下側が骨盤付近まで垂れ下がっている状態のことです。
胃下垂になっているとお腹の特に下腹部あたりがぽっこりになってしまうようです。
普通、ご飯を食べるとみぞおちあたりが膨らみますが、胃下垂ですと胃がかなり下まで下がってきていることもあり、下腹部が膨らむようです。
下腹部がぽっこりしているのでしたら、胃下垂の可能性もあります。

 

胃下垂は

 

消化不良
お腹のハリ
胃痛
ゲップ
便秘
胃のむかつき、不快感

 

などが症状として現れるようです。

 

胃下垂の原因は

 

1食の食事量が多すぎる
噛む回数が少ない
暴飲暴食
腹筋の筋力不足
猫背
骨盤のゆがみ
ストレス

 

などがあるようです。
上記の原因に心当たりはありませんか?

 

胃下垂は体質的なものではなく、普段の生活習慣から起こっていることもあるので、上記の環境を変えることで胃下垂も改善していけるようですね。
上記に書いたことに心当たりがあれば、その逆を行えばいいわけです。

 

1食の量を少なくする
噛む回数を多くする
暴飲暴食しない
腹筋を鍛える
姿勢を正す
骨盤のゆがみを矯正する
ストレスケアする

 

などの行動によって、改善できる場合がありますよ。

 

ちょっと食べただけでお腹が出てしまうのは、体質の部分もあるかもしれませんが、生活習慣によって後天的にもたらされている場合もあります。
また、何かを食べれば胃に入っていくわけなので、多少のふくらみは誰でもあります。
一番手っ取り早いのは腹筋を鍛えることだと思いますが、いかがでしょうか?

関連ページ

お腹の引き締めに効果的な食事メニュー例3つと生活習慣2つ
お腹を引き締めるには運動以外にも気を配る必要があります。 ここではお腹を引き締めるのに効果的な食事メニューと生活習慣についてまとめてみました。
ダイエットを失敗に導く食事メニュー
ダイエット中は食事の内容にも気を配りたいものです。 ここではダイエットに失敗しやすい食事メニューや太らないように注意すべきポイントについてまとめてみました。
ダイエットのための食事で重視すべきポイント
ダイエットの時は食事に気を付けたほうがいいですが、どういったポイントに注意すればいいのでしょう? ダイエットの際の栄養の取り方、食材の選び方についてお伝えします。