運動しないで体を引き締める

あまり運動しなくてもいい5つの具体案

運動しないで痩せる

 

 

定期的な運動は大変です。
できれば運動しないで痩せたいところですが、運動による脂肪燃焼は健康にもプラスになります。
でも、運動は気力が必要ですし、好きでない方は面倒と思うことでしょう。
そこで、運動しないで体を引き締める方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

1.運動せずに痩せるには

できれば運動しないで痩せられたらそれに越したことはないですよね。
運動せずに痩せる方法ももちろんありますよ。
人には得手不得手がありますから、自分にあった方法を用いるといいでしょう。

 

 

2.食生活を変える

痩せるのに重要なのはやはり食事でしょう。
太ってきているのは、1日に消費されるカロリーよりも摂取されるカロリーのほうが多いからです。
痩せるためにはある程度の食事制限も効果があります。

 

脂肪の燃焼に深い関係を持つ血糖値は食べることによって上がりますし、痩せるためには血糖値をコントロールするような食べ方がいいとされています。
例えば、野菜を先に食べるとかですね。野菜を先に食べることによってその後に食べるものの吸収が緩やかになるかららしいです。
また、私たち日本人の主食であるお米は、お腹も血もいいですし血糖値の上昇が緩やかです。

 

ただ、炭水化物ですので、食べ過ぎは禁物ですよ。
これまでの量をふり返ってみて、ちょっと減らしてみるのもいいでしょう。
運動せずに痩せるなら食事を少し見直してみましょう。

 

参考⇒食事を変えて体を引き締めるほうが効率がいい

 

 

 

3.サプリメントを試してみる

脂肪燃焼をサポートしてくれるサプリメントがありますので、それを活用するのもいいでしょう。
ただ体を動かすことだけが脂肪を燃焼させるわけではありません。
もちろん体を動かしたほうがいいのですが、サプリメントを活用して日常の運動量でも脂肪を燃焼しやすくしてくれるようにすることでダイエットをサポートします。

 

 

4.エステ

これはちょっとお金がかかるのであまりお勧めではありませんが、もし余裕があるのならサロンに通ってみるのもいいでしょう。
サロンには脂肪を燃焼させるキャビテーションという超音波を使った施術があります。
脂肪細胞を破壊し乳化させることで、皮下脂肪を減らすというものです。
これは脂肪細胞の数も減らせるので、太りにくい体質に改善できるらしいですね。
興味を持たれましたら、実際にサロンで聞いてみるといいでしょう。

 

 

リンパのケア

リンパ腺は血管のように全身に張り巡らされているもので、リンパ液というものが流れています。
人によってはリンパ液の流れが滞っていることがあり、それがむくみの原因になっていたりします。
リンパをケアすることで滞っていた流れを改善し、余分なリンパ液や老廃物を排出することでむくみの解消や代謝の促進が期待できます。
痩せやすい状態を作ってくれるんですね。

 

 

5.マッスルプレスを利用

マッスルプレスは着ているだけで体を引き締めてくれるので、特別な運動は必要ありません。
日常のちょっとした動作の運動量を高めてくれますし、これまで通りの生活をしながら締まった体を手に入れることができます。
着痩せ効果もあるので着るだけでも見た目がちょっとスリムになりますよ。

 

 

 

脂肪燃焼を助けてくれる栄養素について

サプリメントで摂る以外にも脂肪燃焼を助けてくれる栄養素があります。
どんな栄養素があるのがご紹介しましょう。

 

 

L-カルニチン

脂肪をエネルギーとして燃焼させてくれるのがミトコンドリアですが、そこに届ける役割を担っているのがL-カルニチンという成分です。
羊のお肉やカツオなどに多いことがわかっています。
ちなみに、脂肪燃焼サプリメントなどはこのL-カルニチンが成分の主体となっていることが多いです。

 

 

茶カテキン

お茶の渋み成分としてよく知られていますね。
殺菌効果もある成分ですが、中性脂肪を減少させてくれる効果もあり注目されています。
カテキンが多く含まれているお茶なども販売されていますね。
殺菌、中性脂肪減少、血糖値サポートなどなど、他にも体に脂肪を溜めるインシュリンが分泌も押さえてくれる働きが知られています。

 

 

ビタミンB群

ビタミンB群は糖質、脂質、たんぱく質を代謝させるのに深くかかわっている栄養素です。
ビタミンB群が足りなくなると、脂肪や糖質が消費されずに蓄積されやすくなります。
たんぱく質は体の各臓器を作るのに大切な成分ですが、ビタミンB群が足りなくなると代謝しにくくなり、細胞が生成しにくい状態になってしまいます。

 

 

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は細胞の中のミトコンドリアが脂肪酸を消費するために必要な成分です。
スキンケア成分としても知られていますが、脂肪燃焼にも大切な成分です。
年齢とともに減っていくものですので、食品で補給することで脂肪燃焼のサポートになります。

 

TOPへ戻る

関連ページ

脂肪燃焼を最適化する2つの運動法
やみくもに運動しただけでは脂肪がうまく燃焼されていないことがあります。 脂肪をより効率よく燃焼させてくれる運動の仕方について解説しています。
お腹いっぱい食べても痩せる一つの考え方
脂肪を落として体を引き締める方法は運動だけではありません。 これまでの食事をふり返ってみることでカロリーを減らせるかもしれません。 詳しくご紹介しましょう。