脂肪燃焼

脂肪燃焼を最適化する2つの運動法。有酸素運動と無酸素運動の違い

ジョギング

 

 

脂肪を効率よく燃焼させるには有酸素運動と無酸素運動について知っておきましょう。
ただやみくもに運動をしてもなかなか脂肪は燃えてくれません。
正しく知っておくことで無駄な運動をしなくて済みます。

 

 

有酸素運動だけだと脂肪燃焼しにくいらしい

有酸素運動というとジョギングなどが一般的で、いかにも痩せそうな運動ですよね。
これだけでもカロリーは消費しますが、効率よく脂肪を燃やせるわけではありません。
筋トレなどの無酸素運動を取り入れることによってより、燃焼効率を高められることが最近分かってきました。

 

 

有酸素運動とは

有酸素運動というのはウォーキングやジョギングなどの酸素をたくさん使う運動のことです。
主に脂肪を燃焼させる運動方法です。
これまでは脂肪燃焼のための基本的な運動として注目されていましたが、最近では有酸素運動だけだと満足な脂肪燃焼効果が期待できないそうです。
筋トレなどの無酸素運動とセットで行うことで、より高い効果を期待できるようですね。

 

 

無酸素運動とは

無酸素運動は酸素をあまりしない運動で、筋トレや短距離走などのことを指します。
無酸素運動はまったく酸素を使わないということではなく、負荷が高いために酸素を使うことがあまりない運動であることからそう呼ばれています。
全く呼吸しないということではありません。
また、主に糖質を消費する運動です。

 

無酸素運動を行うと、成長ホルモンの分泌が促進されます。
成長ホルモンには「代謝を高める、筋肉を作る、脂肪を分解する」という役割があります。
老化と若返りにもいいいらしいですね。つまりアンチエイジングの効果も期待できます。

 

成長ホルモンは代謝を高め、筋力、脂肪分解作用があるので痩せやすい状態になるんです。
無酸素運動をした後で、有酸素運動をすることにより、脂肪燃焼効果を高めることができます。

 

 

 

 

おすすめの運動方法

運動の順番は「無酸素運動」の後に「有酸素運動」をするのがおすすめです。
無酸素運動によって脂肪燃焼を促進してくれる成長ホルモンが分泌されやすくなるからです。
無酸素運動を先にすることによって、その後の運動に成長ホルモンの脂肪分解作用を活かすことができます。

 

 

脂肪燃焼のためのトレーニング

自宅でもできる手軽なトレーニングもご紹介しましょう。

 

無酸素運動

 

ペットボトルダンベル
500mlのペットボトルに水を入れてそれをダンベル替わりにする方法です。
あとはダンベルと同じように手を上下に動かしてトレーニングします。
手が大きい方は2Lペットボトルでもいいでしょう。
水を入れるだけで結構な重さになりますよ。

 

  • スクワット
  • 腹筋(クランチ)
  • 腕立て伏せ

 

無酸素運動は一般的に誰でも知っている方法でもOKです。
反復することによって筋肉に負荷をかけていきますが、無理せずゆっくりと丁寧に行いましょう。
反復が早すぎたり、負荷が強すぎたりすると関節を痛めてしまうかもしれません。
慣れていない方は注意しつつ行ってください。

 

腹筋は腰を痛める場合がありますので、腰が気になる方はクランチという方法がおすすめです。
これなら一般的なシットアップよりも安全に行うことができます。

 

 

有酸素運動

ジョギングが一番一般的な有酸素運動ですね。
自宅でやるなら「踏み台昇降」という方法もありますよ。
踏み台を上がって降りるを繰り返すというものです。
大きく動かないので狭い室内でもできますし、テレビを見ながらなど「ながら」でできるからやりやすいです。
今は専用の踏み台が売っていたりするので、以外に認知されている方法です。
もちろん適当な台や段差で行うこともできます。

 

 

 

まとめ

有酸素運動と無酸素運動では使用するエネルギー原が異なります。
有酸素運動は脂肪の比率が高く、無酸素運動は糖質をより多く使用します。

 

無酸素運動は成長ホルモンを分泌を促進するので、その後の運動の効果を高めることができます。
無酸素と有酸素をうまく使い分けるとダイエットの効率を上げることができます。

 

TOPへ戻る

関連ページ

あまり運動しなくてもいい5つの具体案
運動しないで体を引き締めるにはどんな方法があるのでしょう? まずは食べるものから変えましょう。 運動しないで痩せるにはそれが一番現実的です。 どんな方法がいいのでしょうか?
お腹いっぱい食べても痩せる一つの考え方
脂肪を落として体を引き締める方法は運動だけではありません。 これまでの食事をふり返ってみることでカロリーを減らせるかもしれません。 詳しくご紹介しましょう。