体を引き締め,腹式呼吸

お腹を引き締める腹式呼吸法

腹式呼吸ダイエット

 

 

普段意識して呼吸することはないと思います。
体に良い呼吸法というのがあって、腹式呼吸をすると健康にいいと言われています。
呼吸法は胸式、腹式と2通りあり、女性は胸式呼吸が多く、男性は腹式呼吸が多いと言われています。
ヨガや太極拳に用いられるゆっくりとした呼吸は腹式呼吸が基本とされている通り、腹式呼吸は健康やリラックスに効果的なんです。

 

 

胸式呼吸と腹式呼吸

まずはこの2つの呼吸法について詳しく見ていきましょう。

 

胸式呼吸

胸式呼吸は、肋骨を広げたり閉じたりすることで呼吸します。楽に空気を素早く取り込むことができる呼吸法なんですね。
男性も運動後など息を切らせているときなどは胸式呼吸になるそうです。

 

どうして女性に胸式呼吸が多いのかというと、体の仕組み関係しているのかもしれません。
妊娠するとお腹が膨らみ、お腹を動かす腹式呼吸がしにくくなります。

 

出産するときは息む時、たくさん呼吸しますから、出産に備えて胸式固有しやすくなっているようですね。

 

ちなみに胸式呼吸するときは方が持ち上がるので、それで「肩で息をする」というように表現するようです。

 

 

腹式呼吸

腹式は字の通りお腹を引っ込めたり膨らませたりして呼吸する方法です。
リラックス効果があるとされていて、リラックスするために深呼吸するときは鼻から息を吸い、ゆっくりと口から吐き出すのがいいと言われています。
ゆっくり丁寧にやることで、リラックス効果だけでなく、なんと腹筋のインナーマッスルを鍛える効果もあるそうです。
お腹をひっこめる際に実は有効な運動なんです。

 

 

腹式呼吸は自律神経も整える

腹式呼吸によるリラックス効果は自律神経のバランスを整えてくれることでもたらされます。

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類があり、そのバランスが精神の状態にも関係しています。

 

交換神経は運動やゲームなど活発に活動している時に優位になり、体も血行が良くなったり、発汗が促進されるなど興奮状態になります。

 

対して副交感神経はホルモンの分泌や免疫を促すとともに、精神をリラックスさせることがわかっています。

 

体やお腹の具合が悪くなる自律神経失調症とはこの自律神経のバランスが崩れることを指します。

 

腹式呼吸はこの自律神経のバランスを整えてくれる効果があります。

 

現代は自律神経を乱しやすい環境が多いです。
対人関係やストレス、スマートフォンによる目からの刺激など交感神経を活発にしやすいです。
切り替えがうまくいかないと眠りにくかったり、体に悪影響を与えます。

 

腹式呼吸で深くゆっくりとした呼吸を繰り返すことによって、副交感神経を優位に働かせることにより、精神をリラックスさせて落ち着かせてくれるとともに、安眠を促してくれることがわかっています。

 

副交感神経が優位になることは、ホルモンの分泌や免疫、消化機能も整いますので、体の健康にもつながります。
最近寝れなかったり体の調子悪いという方は、腹式呼吸を実践してみるといいでしょう。

 

 

まとめ

腹式呼吸は腹筋のトレーニングにもいいとともに、心にもいい影響を与えます。
意識して実践することで安定した睡眠など生活習慣にもいい影響を与えてくれるでしょう。
腹筋のインナーマッスルも関与していますので、お腹の引き締めにもいいとされています。

 

TOPへ戻る

関連ページ

体を引き締めるにはシンプルな方法を
たるんだ体はみっともないですよね。 引き締まっていたほうが遥かにかっこよく見えます。 どなたでもそう思っているでしょうが、実践するのは難しいです。 簡単に実践できるシンプルな引き締め方法をご紹介します。
体を引き締める運動と2つの選択肢
体を引き締める運動はどのようなものが効果的なのでしょうか? ウォーキングやジョギング、筋トレ、水泳などがありますが、それぞれのいいところをまとめてみました。
さらに上の腹筋を目指す筋肉の育て方
腹筋をさらに鍛えてシックスパックを目指してみませんか? たるんだお腹よりもずっとカッコよく見えます。 効果的に腹筋を鍛える方法についてまとめました。
体幹が体質を左右する
ぽっこりお腹やたるんだお肉をなんとかしたいと誰もが思うことでしょう。 運動や食事制限も効果的ですが、もう一つ取り入れてみませんか? 体幹トレーニングについてお伝えします。