腹筋を鍛えてお腹を引き締める

さらに上を目指す筋肉の育て方

腹筋引き締め

 

 

腹筋でお腹を引っ込めるならしっかりとした知識を持って効果的に行っていきましょう。
下腹をスッキリさせたい場合にも腹筋はおすすめです。
ですが、一般的に知られている腹筋を鍛えるときの反復運動は辛いので、なかなか回数がこなせないかもしれません。
そんな方におすすめの方法をお伝えします。

 

腹筋でぽっこりお腹やたるんだぜい肉をスッキリさせるためにはどのような方法が効果的なのでしょうか?
回数だけ増やしても効果的とはいえません。

 

 

腹筋ダイエットとは

割れている腹筋は男性、女性関係なく憧れるものではないですか?
夏など海やプールのシーズンはお腹を露出する機会も増えるので、是非とも鍛えられた腹筋で行きたいものです。

 

腹筋を美しく見せるには、お腹周りの体脂肪を減らし、腹筋を大きくすることで凹凸が見えるようにします。
お腹まわりの脂肪を減らすのは、腹筋と合わせてジョギングなどの有酸素運動を取り入れるといいでしょう。

 

 

参考⇒脂肪を効率よく燃焼。有酸素運動と無酸素運動の違い

 

 

腹筋運動は腹筋の凹凸を目立たせるため、腹筋の筋肉を大きくするために行います。
継続して行うことで、徐々に筋肉が大きくなっていき割れた腹筋を手にすることができます。

 

腹筋が割れて見えるような引き締まった体は一朝一夕で身に付くものではありません。
最低でも1ヵ月くらいは見込んでおきましょう。

 

 

腹筋によるダイエット効果

腹筋が割れている方は以外に身近にいたりします。
私の同僚も服を脱いだら見事なシックスパックでした。
どのようにしているのか聞いてみたら「毎日腹筋している」とのことでした。

 

継続が力なりと言われるように続けることが大切なようです。
筋肉があると代謝が良くなるからか、太りにくい体質になったそうですね。

 

 

私も引き締まって割れ目が見える腹筋が憧れだったので、なんとか継続していました。
そうしたら3ヵ月くらいで目に見える効果がありました。
ウエストが7センチほど締まったのです。
腹筋を継続することによってお腹まわりが締まってきたんですね。
もともと脂肪の多いお腹でしたので、まだシックスパックとはいきませんが、始める前とくらべてかなり締まってきました。

 

 

腹筋の回数はどれくらいがいい?

私事を話すのはこれくらいにして、腹筋のトレーニングに話を移しましょう。
引き締まったお腹に腹筋運動は欠かせません。

 

とはいえ、一日にどれくらいやれば効果が見込めるのでしょう?
回数は人それぞれになるので具体的な回数は決まっていません。

 

効果があるのは自分ができる最大の回数行うことです。
要は強い負荷をかけていくことが大切です。
負荷をかけられた筋肉は「超回復」という過程を経て、大きくなっていくものなのです。
筋肉が太くなる仕組みはこちらで解説しています。

 

 

参考⇒ソフトマッチョの作り方。筋肉が太くなるには超回復が重要。

 

 

負荷をかけるほど筋肉は大きく傷みます。
その回復の過程で筋繊維は太くなっていきます。

 

何回で適度に傷むかはその人の鍛え方にもよりますので、自分ができる限りの回数まで負荷をかけるといいでしょう。
その後はしっかりと筋肉を休ませてあげましょう。

 

回数で決めてもいいのですが、ゆっくりと負荷をかけて行うほうが効率がいいとされています。
要は負荷をかけることが大切なのです。

 

ここで注意しておきたいのは、一般的な腹筋運動は腰を痛める可能性があるということです。
腰が良くない方は腰に負担の少ない「クランチ」という方法で腹筋を鍛えることもできます。

 

筋トレは筋肉を鍛えるのに必要なことですが、関節や体を傷めることがあるので注意が必要です。
ご自身の体に合わせて、安全に行っていきたいですね。

 

筋トレをした後は筋肉を育てるためにたんぱく質を摂ることも大切です。
プロテインなども合わせて実践するといいでしょう。
トレーニング後の30分以内の摂取が筋肉を効率よく育てると言われています。

 

 

まとめ

割れて引き締まっている腹筋は誰から見てもカッコよく見えるものだと思います。
たるんだお腹よりも割れた腹筋を披露することができれば、あなたの印象も評価もいい方向に変わるでしょう。

 

筋肉は継続したトレーニングを経て徐々に大きくなっていくものです。
すぐには手に入りません。
筋トレを継続していくのは大変で、途中で挫折してしまう方も多いですが、継続していけばどなたでも手に入れられるものです。

 

脂肪を落として筋肉を大きくすれば美しいシックスパックになります。
継続した筋トレがストレスになってくると続けにくくなるので、まずは無理のないところから始めてできるだけ継続していけるようにしましょう。

 

ちなみに、無理なく始めるなら「マッスルプレス」という加圧シャツもおすすめです。
着ているだけでお腹を引き締めてくれるので、ほとんどストレスなく継続していけると思います。

 

⇒マッスルプレスとは?詳しく解説しているページはこちら

関連ページ

体を引き締めるにはシンプルな方法を
たるんだ体はみっともないですよね。 引き締まっていたほうが遥かにかっこよく見えます。 どなたでもそう思っているでしょうが、実践するのは難しいです。 簡単に実践できるシンプルな引き締め方法をご紹介します。
体を引き締める運動と2つの選択肢
体を引き締める運動はどのようなものが効果的なのでしょうか? ウォーキングやジョギング、筋トレ、水泳などがありますが、それぞれのいいところをまとめてみました。
お腹を引き締める呼吸法、たったこれだけ
呼吸法もダイエットに少なからず影響を与えるようです。 腹式呼吸は体に様々なメリットがあります。 この呼吸法ですと腹筋のインナーマッスルを鍛えることにもなるようです。
体幹が体質を左右する
ぽっこりお腹やたるんだお肉をなんとかしたいと誰もが思うことでしょう。 運動や食事制限も効果的ですが、もう一つ取り入れてみませんか? 体幹トレーニングについてお伝えします。