痩せにくい年齢というステージですべきこと

痩せにくい年齢というステージに立った今すべきこと

痩せにくい年齢ですべきこと

 

 

昔はいくら食べても太らなかった
痩せようと思ったら痩せられた

 

ところが今は

 

おなかぽっこりでてきて年齢を感じる
昔は簡単に痩せられたのに痩せられなくなった
もうこのまま豚に一直線

 

このような感覚を持っているのではないでしょうか?

 

私も昔は太らない体質でした。
もう何をどれくらい食べても無理で人からうらやましがられていたこともありましたっけ。

 

それが今では見事にお腹が出始めました。
油断すると出てきますので、今では必死に抑え込んでいますけどね「腹筋」で。

 

やはり人間というもの年齢とともに代謝が下がってくるようで、昔とは体質が変わったと感じることも多くあります。
そんなステージに今立っている人、そして立ち始めの人がいらっしゃるかと思いますが、みなさん痩せにくくなったと感じられたのはどこからなのでしょうか?

 

 

10代

10代で太っているというのは体質かただ食べ過ぎているだけのどちらかかと思います。
私たちインドア派の社会人と違って運動する機会は多いでしょうし、代謝も若いなりの機能をしてくれていると思います。
対策というか、食べる量を減らしてもっと運動してくださいよと。

 

 

20代

前半ならまだいいですが、後半になるとやはり代謝が下がってくる方もいるでしょう。
また、この年代ですと「ストレス」という新たな敵も現れるわけで、それがきっかけで暴飲暴食の波にさらわれてしまうこともあります。
ストレスは様々な不具合を体にもたらします。
上手なストレスケアと生活習慣の見直しが対策の中心になるのではないでしょうか。

 

30代

ここからいよいよ分け隔てなく代謝が下がってきます。
「例外」のうらやましい方もいらっしゃいますが、私ですら下がってきているのを感じます。
ここからは食生活、生活習慣を総合的に管理していかなければなりません。
ますます運動することもなくなってくると思いますから、何かスポーツ系の趣味を始めるとか新しいことを開拓していくのもいいでしょう。
食生活はやはり野菜を中心にするといいかと思います。
低カロリー高たんぱくな大豆を用いるなど工夫しだいで、お腹いっぱい食べて太らない方法なんかもありますので試してみるといいでしょう。

 

 

参考⇒お腹いっぱい食べても痩せる一つの考え方

 

 

40代以降
対策としては基本は30代と似た感じになってくると思います。
違うのはこの年代から病気のリスクも高まってくるということです。
30代からの食生活や生活習慣がこの年代以降の健康を決定づけるといってもいいと思います。
これまで暴飲暴食が多かったりして、今体型を気にかけ始めた方はすぐにでも始めたほうがいいと思います。
おそらく、最終ラインに近いとおもいますから。
今からでも間に合いますので、当サイトで正しい食生活と生活習慣について知っていってください。

 

TOPへ戻る

関連ページ

ダイエットの失敗は目標設定の仕方にあり
ダイエットを始めるときは目標をしっかり設定するのが成功させる秘訣です。 高すぎても低すぎてもいけません。 ダイエットの目標設定には注意点もあります。 こちらでは目標の設定方法についてまとめています。
ダイエットを失敗させるやっていいこと悪いこと
ダイエットを成功させるための小技が色々あります。 どのようなことを実践すると続けやすくなるのでしょう? ダイエットを成功させるために取り入れたいこととは。