ダイエット目標

ダイエットの目標設定

 

ダイエットを始めるときはどこまでやるか目標を決めることが多いと思います。
目標は人それぞれの決め方でいいと思いますが、ダイエットで失敗する原因は目標設定にあることもあります。
きちんと明確に決めておいた方が勧めやすいですので、開始する前に決めてから始めましょう。

 

 

目標設定が大切

何をするにしても目標があったほうが実行しやすいです。
自分の理想とするスタイルや体重計などの数字を明確にすることによって、それに近づけるための努力を続けることができます。

 

ダイエットを成功させるのは簡単ではありません。
目標が大きければ大きいほど挫折する可能性も他カックなります。
苦しいダイエットを成功させるには明確な目標を設定しなければなりませんが、その内容によってダイエット中のストレスが変わってきます。

 

自分に合った目標を決めることで、ダイエットのストレスを軽減し楽しいものにすることもできるでしょう。
しっかりとダイエットを成功させるためにすぐにダイエットを始めるのではなく、自分に合った目標を決めて確実に達成していけるようにしましょう。

 

 

目標の設定の仕方

難しい目標をたててしまうと心が先に折れてしまいます。
まずは確実に達成できる目標を設定していきましょう。

 

とはいえ、それが低すぎては意味がありません。
例えば80キロから60キロにダイエットする場合、3ヵ月など短い期間で設定するのではなく、1年か2年の長い期間で見込むのもいいでしょう。
それに急激なダイエットは体に負担をかけますので、ゆっくりと痩せていくのが体にもいいです。
また、1年に10キロ2年で20キロといった段階的な目標でもいいでしょう。
どなたでも短期間で結果を出したいと思うでしょう。
ですが、短期間では我慢することも多くなるでしょうし、精神的な負担も大きいいです。
体を壊すこともありますし、リバウンドしやすくなりますので、あまりおすすめはできません。

 

 

目標を長期で設定することで、1ヵ月あたりの負担も少なくなりますし、長い期間のほうが楽に進められます。
1度ダイエットしたことがある方は1ヵ月1キロ程度なら簡単に感じるのではないでしょうか?

 

ダイエットに失敗している方は無理な目標設定をして挫折している方が多いです。
低い目標を着実に達成していくことのほうが、確実なダイエットを実践していけるでしょう。

 

 

楽に実践していくには

目標を設定するのは簡単です。
目標の体重を決めてそれを1年12分割または2年24分割にすれば1ヵ月あたりの目標を低くすることができます。

 

大切なのはここで最終目標まで継続していくことです。
ダイエットで体重が減っていく流れはご存知ですか?

 

ダイエットを始めた直後は体重は減っていきやすいです。
目標よりも大きく体重が減ることもあるでしょう。
思ったよりもうまくいったからといって、そこでダイエットを一時的にやめてしまう方もいらっしゃいます。

 

そこでやめてしまってはもったいないですので、それは今後のダイエットへの貯金と考えて、油断せず続けていきましょう。
また、しばらくすると停滞期という体重が減りにくい期間が到来します。
ダイエットを始めてしばらくすると、体が飢餓状態にあると判断し体重を減りにくくするプログラムが働きます。

 

これは「ホメオスタシス機能」というもので、体が飢餓状態を感じると勝手に食事からのエネルギー吸収率を高めて、エネルギーの消費を抑えるようにします。
人が厳しい環境にあっても生き延びやすくするためにこのような機能が備わっていると言われています。
これが停滞期の正体です。

 

この期間は何をしても体重は大きく変わることはありませんが、その停滞期を過ぎるとまた減っていくようになります。
大体2週間くらいと言われていますが、誰にでも訪れるものですのでこの期間は焦らず落ち着いて乗り切りましょう。

 

 

体重が減り始めたら気を付けること

体重が減り始めるとある欲求が襲ってくることがあります。
それが「ちょっとぐらい食べても大丈夫」という考えです。
ちょっと体重が減ってくると気が緩みそのような思いが沸いてきます。
でもここはぐっと我慢しましょう。
その気のゆるみでカロリーの高いものや糖質を多く含んでいるものを食べるとダイエットをさらに長引かせるきっかけになることもあります。

 

とはいえ、どうしても食べたい時もありますし、無理をするとストレスになりダイエットの挫折に繋がります。
そんなときは一度食事を見直してみましょう。
好きなものを食べつつダイエットをするというのも工夫次第では可能です。

 

 

参考⇒食事を変えて体を引き締めるほうが効率がいい

 

 

ダイエット方法はこまめに見直すことも必要です。
体重が減少を始めたり停滞期に入った時などがいいきっかけですので、そのタイミングで見直してみるとダイエットの効率がよくなったり楽しくなったりすることに繋がります。

 

 

モチベーションを保つ

ダイエットを続けられるかどうかはモチベーション次第とも言えます。
苦しくなったらやめたくなりますし、楽しければそのまま続けられます。
ダイエット方法などを見直し、自分にあった方法を続けられることが成功に繋がります。
これが食べたい、あれが面倒だからしたくない、など様々な思いが交錯すると思いますが、その時の世急にあったダイエット方法もあるかもしれません。
そんな時が来たら改めてダイエット方法を見直しつつ、モチベーションを維持しながら続けるのが理想的です。

 

TOPへ戻る

関連ページ

ダイエットを失敗させるやっていいこと悪いこと
ダイエットを成功させるための小技が色々あります。 どのようなことを実践すると続けやすくなるのでしょう? ダイエットを成功させるために取り入れたいこととは。
痩せにくい年齢というステージですべきこと
人がどうしても避けられないのは年齢とともに代謝が落ちて痩せにくくなるということです。 それぞれの年代別に対策をまとめてみました。