ダイエット成功

ダイエットを失敗させるやっていいこと悪いこと

体重計

 

 

ダイエットを進めていくにあたって、気を付けていきたいポイントやコツをまとめてみようと思います。
運動や食事制限などがメインですが、それ以外にもやってみると以外に効果をあげる方法があります。
ただ、これから紹介する方法は実践される方の任意です。
やらなくてもいいですが、実際にやってみると思わぬ効果を上げるかもしれません。

 

 

毎日体重を図る

ダイエットをすると決めたら、その日から毎日体重を図りましょう。
現在の状態を把握することが大切です。
また、体重は時間帯によって微妙に変わるものです。
朝図るのか、夜に測るのかは自分のルールを決めて同じ時間に測るようにしましょう。

 

そして大事なのはそれを記録につけるということです。
毎日図ってそれを記録していくことで体重の変動がわかりやすいですし、どのようなダイエット方法が自分に効果があったのかがわかります。
合ったダイエット法を見つけるきっかけにもなるでしょう。

 

 

※注意点

毎日体重を記録を付けるのはいいことですが、それは知りたくない情報も知ってしまうことになります。
例えば、ダイエットをしているのに体重が減っていないなど。

 

ですが、それはダイエット方法を見直すきっかけになるかもしれません。
それとダイエットには停滞期がつきものです。

 

参考⇒ダイエットの目標設定と停滞期の乗り切り方

 

 

ダイエットをすると停滞期に入る場合があります。
しばらくすると体は元に戻って体重が減り始めるのですが、停滞期は体重が減りにくくなります。
一度停滞期に入ったら元に戻るまで辛抱強く待ちましょう。
記録を付けているといつ停滞期に入ったのかも把握しやすいです。

 

 

カロリー計算はするべき?

ダイエットを実践する際にカロリーも計算し、記録しておいたほうがいいとも言われています。
確かに、そこまで徹底してやるのもいいと思いますが、カロリーを計算するのは大変です。
それも毎食行うのは面倒ですし、ストレスになります。
細かいカロリー計算まではしなくてもいいでしょう。

 

その代わり、献立をメモしておきましょう。
これまでどんな食事をしてきたかをふり返ることもできますし、ダイエット方法を見直すときに使えます。

 

 

食事の制限の仕方

食事はどのように減らしていくのがいいのでしょうか?
回数を減らす方法と1回あたりの量を減らす方法があります。

 

ここで間違ってはいけないのは回数を減らしてはならないということです。
食事は1日3食をしっかり摂るようにしましょう。

 

食事の回数が減ると1回あたりの吸収率が高まってしまいます。
せっかく食事を我慢して減らしたのにそれでは意味がありませんよね。

 

回数を減らすよりも量を減らした方が効率的にカロリーを減らすことができます。
体に脂肪を溜めないようにするには1回の量を調節するようにしましょう。
また、食べるものを工夫することで量を減らさずにカロリーだけ減らすこともできます。

 

参考⇒食事を変えて体を引き締めるほうが効率がいい

 

 

日々の体重を図ったり、食事の内容を記録しておくと、ダイエットがどのように進んでいるのか把握することができます。
ダイエットはこまめに内容を見直しつつ、自分に合った方法を見つけていくと楽しんで続けることができます。

 

 

 

ダイエットを失敗させる原因とは

ダイエットが失敗してしまう原因は持続できないことです。
脂肪は燃焼しにくく一朝一夕ではできません。
だからこそ、継続していくことが大切です。

 

問題なのは続けていけるようにならないということでしょう。
ダイエットの考え方が根本的に間違っているかもしれません。

 

ダイエットを辛くするのは目標設定が厳しすぎるかもしれません。

 

ダイエットはやり方次第で辛いものにも楽しいものにもなります。
工夫することでいくらでも変えることができますので、色々試してみることも大切です。

 

 

自分の生活スタイルに合わせる

ダイエットを続けるなら自分の生活スタイルに合っているほうが続けやすいです。
いきなり合わないことをしたらストレスばかりたまって、挫折してしまうことになりかねません。
自分の生活習慣をふり返ってみて、ペースや方法を決めていくといいでしょう。

関連ページ

ダイエットの失敗は目標設定の仕方にあり
ダイエットを始めるときは目標をしっかり設定するのが成功させる秘訣です。 高すぎても低すぎてもいけません。 ダイエットの目標設定には注意点もあります。 こちらでは目標の設定方法についてまとめています。
痩せにくい年齢というステージですべきこと
人がどうしても避けられないのは年齢とともに代謝が落ちて痩せにくくなるということです。 それぞれの年代別に対策をまとめてみました。